PR

裏切り

背徳

『洗濯屋』~配達先で~

「こんなおばさんの未亡人で良いの?もう意気地なしじゃないのね。」ゆかりのその声にはかすかな震えがあった。だが彼女の表情は確実に、子供の頃の悪戯っぽい笑顔を取り戻していた。俺は安堵し、ただ静かにゆかりを抱きしめた。・・・・兄貴がこの世を去って...
禁断

「妻の友達」~隣の部屋で~

周囲を包む静寂が、真理子の声によって突如裂けた。「大丈夫。里香さんは深く眠っていますよ」と、その声は夜空に溶け込むかのように柔らかかった。その声には禁断の誘いが込められており、彼女がゆっくりと俺の胸に寄り添う様子が、夜の空気を一層濃密にした...
その他

愛人計画~部下の嫁~

「何でもします。許して下さい」彼女はこう言った。「ふーん、何でもねぇ。何でもって意味わかってますか?」重昭はその女性をじっと見つめながら、彼女の肩にそっと手を置いた。 重昭がスーパーの店長として働き始めて早十年。その店は地元で評判が良く、多...
年の差

教授と教え子~禁断・背徳・年の差

実は、その名の通り、真面目そのものの大学教授であった。彼の人生は、誰もがうらやむほどの安定を手に入れていた。お見合い結婚した妻との間には大きな争いもなく、平穏無事に日々は過ぎていった。しかし、心のどこかにはひそかに、刺激の欠片を求める心が芽...
背徳

不倫旅行

明子は、日々の生活の中でふとした瞬間に、心の奥深くに隠された秘密を思い返すことがあった。彼女は不倫をしているのだ。相手の男性は現在は違う会社に勤めているが、元同僚の会社の後輩である。彼女はもう5年もの間、深い関係を続けている。明子はこの秘密...
復讐

漁師の嫁

麗子の視線は遥か彼方、荒れ狂う海原へと注がれていた。台風が去った一時的な静けさは、新たに接近する低気圧の前に急速に消え去りつつあった。晴れ渡る空が一瞬にして暗雲に覆われ、風が木々を激しく揺さぶり始め、海は再び荒れ狂い、波は岸壁を乱暴に打ち付...
純愛

裏切り妻

泰子と浩司の結婚生活は、外から見れば穏やかな湖のように静かで安定しているように見えた。しかし、湖の表面下では、泰子の心は絶えず波打っていた。長年にわたり、浩司は仕事を生きがいとし、家庭よりも職場を優先した。その結果、泰子は自分の感情を抑え込...
背徳

裏切りの影

街の灯りが優しく照らす夜、恵美は友人の真紀の家で、いつものように彼女の悩みを聞いていた。真紀は夫の浮気に心を痛めており、恵美はその心の支えであり続けた。真紀にとって恵美は理想の友人、彼女の悩みを共有し、どんな時も支える存在だった。 恵美の優...