PR

いつまでも若く

いつまでも若く

義両親~夫を亡くした私に・・・

夫を亡くして2カ月が経ったある日、同居している義両親から信じられない提案があった。「隆二と再婚してくれないか?」と、夫を癌で亡くして間もない私に、なんと夫の弟と再婚して欲しいと言ってきたのだ。私の名前は奈津美。結婚後、私は夫の実家に入り、義...
いつまでも若く

代理夫婦~レンタル妻~

今日は、いつもねちねちと馬鹿にするように絡んでくる取引先の社長との会食に、妻を同伴させていた。「いつも主人がお世話になっております」と麗子が優雅に微笑みながら頭を下げる。「あ、あぁ。こちらこそ和男くんにはお世話になっているよ。それにしても、...
いつまでも若く

趣味に合わせた「夫婦〇〇」

「やっぱ海でしょ」 「いいや山だね」また始まった、いつもの夫婦喧嘩。今日も日帰り旅行の行き先を巡って、桜と意見がぶつかっていた。海か山か、どちらも譲れない。食事の好みも同じだ。俺はお肉が食べたい、桜はお魚が食べたい。こんな些細なことでよくケ...
いつまでも若く

スワップの代償~熟年夫婦が選んだ道

「あなた、今までお世話になりました。」その一言が、心臓に氷の刃を突き立てられたかのような衝撃を与えた。妻の微笑みは最後の思い出として心に刻まれ、俺はその場に凍りついた。涙がこみ上げ、視界が滲んだ。足は鉛のように重く、まるで地面に吸い込まれる...
いつまでも若く

同窓会~30年ぶりの彼女

車のエンジン音が耳に響く中、俺の心臓はまるでハンマーで叩かれているかのように激しく鼓動していた。30年ぶりの同窓会。過去の影と向き合うその瞬間が迫っている。今まで何度か開催されていたそうだが、中学卒業と同時に家族で逃げるように大阪に出てきた...
いつまでも若く

初めての婚活アプリ~結婚馴れ初め

「純一さん、コーヒー淹れましたよー」 眩しい朝の光がリビングに差し込み、妻の微笑みと共に、豊かなコーヒーの香りが漂ってきた。その香りが心地よく、私は自然と微笑んでいた。こんな穏やかな時間が、自分に訪れるとは思いもしなかった。私は、この新しい...
禁断

昼顔~昼の妻・夜の妻

「美里さん、これからもお昼の間だけでも、一緒にいてほしい」と義父の清志が涙ぐみながら訴えた。その言葉の重さに、美里の心は揺れ、次の瞬間、彼女はそっと唇を重ねていた。 義父の世話をすることになったのは、夫の淳史からの頼みだった。淳史は大手企業...
スワッピング系

出戻り義姉~妻と入れ替わる?

「正樹さん、お風呂沸きましたよー」と桃子が声をかける。その声が静まり返った家に響いた。その瞬間、妻の目が鋭く光り、冷たい声で切り返した。「正樹は最後でいいのよ!最後にお風呂掃除してもらわないといけないんだから。」妻はそう言い、さっさと先にお...
禁断

陶芸家~息子の妻~

「お義父さん!できました!」夕日の赤に染まる工房の中、陽子の声が鮮やかに響き渡った。汗をかきながら、眩い笑顔で問いかける彼女の手には、成形したばかりのおちょこが握られていた。和夫はおちょこを受け取り、じっと見つめた。「あ、あぁ。なかなか良い...
画像集

画像集

スワッピング系

スワッピング~優しい友達~

『浩一さんを、今度私に貸してみて』――その突拍子もない言葉が、私の心臓を一瞬で凍らせた。午後の日差しが窓から差し込むリビングで、友人の幸子は真剣な顔でそう言ったのだ。私の名前は明美。30過ぎて結婚し、今ではもう40歳。子供が欲しいと思ってい...
純愛

夫婦円満の秘訣~夫婦べつべつ~

「それじゃ、行ってくるよ」夫が嬉しそうにあの人の所へ向かう。ドアの閉まる音が、静かな家に響いた。 「さて、私もそろそろ出ようかな」。こうして私たち夫婦は、日頃のストレスを発散するために定期的に別々に行動する日を作っている。その日は何をしてい...
誤解

熟年離婚~夫婦交換からの~

「あなた、今までお世話になりました」その一言が、まるで冷たい刃物のように俺の心臓を貫いた。妻の微笑みが最後に焼き付いた光景となり、俺はその場に立ち尽くしていた。目頭が熱くなり、足は重くて一歩も動けなかった。俺の名前は坂本隆一。今日、妻と離婚...
純愛

隣人~鬼の居ぬ間に~

「香織のいない間だけですよ!」敦子さんは、いたずらっぽい笑顔で俺の手を握った。その瞬間、心臓が一瞬止まりそうになった。彼女の温もりは、いつも冷たい妻とは違っていた。隣に住む敦子さんは、妻の香織と親友のような関係だ。妻が骨折し入院したため、敦...
純愛

家政婦~妻の入れ替え~

夜の静寂が部屋を包み込む中、窓の外では木々が風に揺れ、かすかな葉擦れの音が響いていた。「瑠衣さん、大変な思いをさせるかもしれない。だけど俺に着いてきてくれるかい?」と俺は問いかけた。彼女は潤んだ瞳でゆっくりと頷いた。今、目の前にいる女性は妻...
スワッピング系

初体験~スワッピング~

「本当にいいのか?」静まり返った部屋で、私は声を絞り出した。妻の顔を見つめながら、心のどこかで未だに信じられないと訴えかけている。「うん、仕方ないよ。私じゃ駄目なんだし」涙目の妻が了承する。 俺の名前は遠藤孝雄。どこにでもいるサラリーマンだ...
恐怖

マンション管理人~見られている~

(この人が犯人だ!私の部屋はすべて見られている――) 私は女性専用マンションに住んでいる。1階には管理人が住んでおり、セキュリティ重視の私にとってこの上ない物件だった。安全であることが何よりも重要だった。しかも相場よりも安い。まるで夢のよう...
スワッピング系

スワップ~馴れ初め~

うまく行くようになったきっかけは、思いがけない夫婦交換の提案からだった。 定年後、日々の単調なルーティンに閉ざされた生活の中で、妻との関係は日に日に悪化していった。朝の挨拶もそこそこに、些細なことで口論が始まる。「じゃあ、自分でやれば?」と...
背徳

団地妻~見られている~

昼下がり、向かいの団地に一際目を引く女性が住んでいる。おそらく三十代後半だろうと思われるが、彼女のことはまだほとんど何も知らない。向かいの団地の部屋から、たびたび彼女の姿が見える。彼女は俺が見ていることに気づいているはず、いや、確実に目が合...
スワッピング系

上司の嫁~夫婦交換~

金曜日の夜、いつものように飲みの席で上司が突然、重い口を開いた。「俺の嫁の相手をしてくれないか」この言葉に、私はビールが喉を通らなくなった。私の名前は近藤誠也。どこにでもいる平凡なサラリーマンだ。この上司とは、プライベートでも親しくしており...