純愛

家政婦~妻の入れ替え~

夜の静寂が部屋を包み込む中、窓の外では木々が風に揺れ、かすかな葉擦れの音が響いていた。「瑠衣さん、大変な思いをさせるかもしれない。だけど俺に着いてきてくれるかい?」と俺は問いかけた。彼女は潤んだ瞳でゆっくりと頷いた。今、目の前にいる女性は妻...
夫婦交換

初体験~スワッピング~

「本当にいいのか?」静まり返った部屋で、私は声を絞り出した。妻の顔を見つめながら、心のどこかで未だに信じられないと訴えかけている。「うん、仕方ないよ。私じゃ駄目なんだし」涙目の妻が了承する。 俺の名前は遠藤孝雄。どこにでもいるサラリーマンだ...
その他

マンション管理人~見られている~

(この人が犯人だ!私の部屋はすべて見られている――) 私は女性専用マンションに住んでいる。1階には管理人が住んでおり、セキュリティ重視の私にとってこの上ない物件だった。安全であることが何よりも重要だった。しかも相場よりも安い。まるで夢のよう...
夫婦交換

スワップ~馴れ初め~

うまく行くようになったきっかけは、思いがけない夫婦交換の提案からだった。 定年後、日々の単調なルーティンに閉ざされた生活の中で、妻との関係は日に日に悪化していった。朝の挨拶もそこそこに、些細なことで口論が始まる。「じゃあ、自分でやれば?」と...
背徳

団地妻~見られている~

昼下がり、向かいの団地に一際目を引く女性が住んでいる。おそらく三十代後半だろうと思われるが、彼女のことはまだほとんど何も知らない。向かいの団地の部屋から、たびたび彼女の姿が見える。彼女は俺が見ていることに気づいているはず、いや、確実に目が合...
夫婦交換

上司の嫁~夫婦交換~

金曜日の夜、いつものように飲みの席で上司が突然、重い口を開いた。「俺の嫁の相手をしてくれないか」この言葉に、私はビールが喉を通らなくなった。私の名前は近藤誠也。どこにでもいる平凡なサラリーマンだ。この上司とは、プライベートでも親しくしており...
その他

代理妻~強制交換~

「や、やめてください」声を震わせ、聖子は必死の訴えを繰り返したが、その言葉は涙にかき消されそうになっていた。しかし高雄は、まるで彼女の恐怖を楽しむかのように、さらに手を強く引いた。「妻の代わりをしてくれるんだろ?」その言葉は、聖子の心に冷た...
純愛

憧れの女~未亡人となった~

「こんなおばさんの未亡人で良いの?もう意気地なしじゃないのね。」ゆかりのその声にはかすかな震えがあった。だが彼女の表情は確実に、子供の頃の悪戯っぽい笑顔を取り戻していた。俺は安堵し、ただ静かにゆかりを抱きしめた。・・・・兄貴がこの世を去って...
背徳

『洗濯屋』~配達先で~

「こんなおばさんの未亡人で良いの?もう意気地なしじゃないのね。」ゆかりのその声にはかすかな震えがあった。だが彼女の表情は確実に、子供の頃の悪戯っぽい笑顔を取り戻していた。俺は安堵し、ただ静かにゆかりを抱きしめた。・・・・兄貴がこの世を去って...
背徳

ヘルパーの女~隣に妻がいるのに~

平穏なはずの老後が一瞬にして奪われた。不注意で起きた事故のせいで動かなくなってしまった俺の体。しかし、彼女の手が触れるだけで、不本意ながらも毎回俺は下腹部が熱くなる。こんな感情に戸惑いつつも、今回の介護は何度目なのだろうか。恥ずかしさでいっ...
年の差

妻の母~目を盗んで~

俺は深い苦悩に陥っていた。俺は義母と体の関係になってしまった。・・・・彼女はもうすぐ60歳になるが、その外見は驚くほど若々しく、しばしば和弘よりも若く見られた。俺と妻は12歳離れているが、貴子ともまた同じく12歳の差がある。遺伝子的に若く見...
禁断

「妻の友達」~隣の部屋で~

周囲を包む静寂が、真理子の声によって突如裂けた。「大丈夫。里香さんは深く眠っていますよ」と、その声は夜空に溶け込むかのように柔らかかった。その声には禁断の誘いが込められており、彼女がゆっくりと俺の胸に寄り添う様子が、夜の空気を一層濃密にした...
純愛

運命の秘湯~危機脱出~

吹雪に翻弄された登山道。視界は白一色に染まり、凍てつく風が肌を刺し、手足は既に感覚を失っていた。一切の希望が遮断されかけていたその時、久美子の決意した声が届いた。「先輩!一緒に入りましょう。」天然の温泉を見つけた彼女の声は絶望の中での唯一の...
その他

看護師の衝動~特別な対応~

「気持ち良いですか?」彼女の声が、耳元で優しく響き、その声には不意に心が動揺した。彼女は俺の全身をタオルで隅々まで丁寧に拭いてくれていた。武彦はこの質問がどちらの意味であるのか理解できなかった。俺は小さな会社を経営している。自分で言うのもな...
年の差

農家の嫁~義父の視線~

義父の視線が、体を凍りつかせる。このまま私は同居を続けることはできるのだろうか。・・・・奈央と高雄は、かつて東京で暮らしていた。しかし、義母の突然の入院がすべてを変えた。静かな田舎町への引っ越しは、二人にとって新たな生活の始まりだった。子ど...
禁断

夫婦交換~親友の妻~

俺の名前は伊藤武史。20年来の親友である伊達守から、夫婦で食事に誘われていた。静かな日常は『今度の旅行で、夫婦を交換しないか?』という唐突な提案によって、波乱の展開へと突入した。その夜、自宅のリビングで妻と向き合った武史は、慎重に言葉を選ん...
背徳

万引き犯~許して下さい~

「何でもします。許して下さい」彼女はこう言った。「ふーん、何でもねぇ。何でもって意味わかってますか?」重昭はその女性をじっと見つめながら、彼女の肩にそっと手を置いた。 重昭がスーパーの店長として働き始めて早十年。その店は地元で評判が良く、多...
その他

愛人計画~部下の嫁~

「何でもします。許して下さい」彼女はこう言った。「ふーん、何でもねぇ。何でもって意味わかってますか?」重昭はその女性をじっと見つめながら、彼女の肩にそっと手を置いた。 重昭がスーパーの店長として働き始めて早十年。その店は地元で評判が良く、多...
背徳

店長とパート~朝の秘密の時間~

薄暗い朝焼けの中、雄太は思わず博美を強く抱きしめた。彼女の温かい体温が、彼の心を一瞬で溶かしていく。「だ、だめですよ」と彼女は囁いた。最初の抵抗には力が入っていたものの、博美の身体は徐々に力が緩み、彼女は最終的に身を委ねて、雄太の背中に手を...
禁断

同じ顔を持つ男

静寂に包まれたリビングで、みなみはソファに沈み込みながら「今日もまた一人か…」と孤独を噛みしめていた。だが、用意した夕食を食べようとした時、「ただいま」と和也が帰宅してきた。和也は家に入るなり、みなみを力強く抱きしめた。「どうしたの?」と問...
ゆあをフォローする