いつまでも若く

私は生贄

「博美、申し訳ないが中川家に嫁いでくれるか?」父が深いため息をつき、私に頭を下げた。その瞬間、私の心は凍りつき、世界が崩れ落ちるような感覚に襲われた。長い沈黙の後、私は小さく息を吸って言葉を紡いだ。「...うん。わかった。もうどうしようもな...
いつまでも若く

スワップ計画

「良いなぁ、菜緒さんの旦那さん」と会社の後輩、真里菜が言う。今日もお昼休みに菜緒の夫のことを褒める真里菜。彼女は会社の後輩で現在35歳の既婚者だ。結婚しているのに自由奔放な性格で、もうアラフォーだというのにすぐに人の彼氏や夫にちょっかいを掛...
いつまでも若く

居候の男~主人がお世話になった人は昔の彼氏だった

私の家に明日から二週間、見知らぬ居候がやってくることになった。彼が引っ越すまでの間、私たちの生活が一変する。夫が世話になった人だというが、私にとっては全く知らない人と二週間も過ごさなければならない。その知らせを受けてから、不安で嫌で嫌で仕方...
いつまでも若く

隣の若妻~うちの息子がすまないね

「うちの息子がすまないね」 私のバカ息子は、こんなにもキレイな若妻を放ったらかして遊び歩いている。亜理紗が泣いている姿を見て、私は心が痛む。 「お義父さん、もう限界なんです」 亜理紗の目には涙が溢れ、声は震えていた。 私の名前は正志。昨年定...
いつまでも若く

支配する夫~助けてくれたのは義兄だった

「正也さん...」私は恐怖で体が震えていたが勇気をもってお義兄さんの胸に飛び込んだ。「大丈夫だ、俺に任せておけ」とお義兄さんは私をぎゅっと強く抱きしめた。(あぁ、ようやく解放される) 「どうしてあの男としゃべってたんだ」夫は顔を真っ赤にしな...
いつまでも若く

スワッピング~完璧すぎる嫁

夜の冷たい風が頬を叩き、心臓が爆発しそうなほど激しく脈打つ。息が切れ、足がもつれそうになりながらも俺は全速力で自宅に向かっていた。ドアを開けると、そこには妻の雅美が立っていた。「ハァハァ、雅美。良かった。ごめん、俺が間違ってた」「これで分か...
いつまでも若く

「有能な秘書」~彼女の代役

「やっと思い出してくれたんですね?」彼女の声が私の心に響いた。まるで封じ込めていた記憶が一気に溢れ出すように。 私の名前は大西陽介。30歳の時に前の会社を独立し、自分で会社を立ち上げた。始めの2年間はなかなか軌道に乗らず、一人で朝から晩まで...
いつまでも若く

「義理の母」~親父と再婚~

「陽介、俺はこの人と再婚するぞ」と、75歳になる親父に突然宣言され、言葉を失った。その瞬間、時間が止まったように感じた。 「は? 何言ってるんだよ。お袋が亡くなったの、去年だぞ。何考えてるんだよ」と、俺は混乱しながらも親父を問い詰めた。しか...
いつまでも若く

「美人ママ」

「まだ気づいてくれないんですか?」ママが私の顔をじっと見つめてくる。いつ見てもきれいな人だ、心臓がどきどきする。「まだわかんないんですか?」彼女は眼鏡をかけ、マスクをつける。「え?」「え〜〜!刈谷さん?」ここまでされてようやく俺は気付いたの...
いつまでも若く

上司の妻~関係改善には夫婦交換

金曜日の夜、居酒屋の喧騒の中で、先輩が突然「俺の嫁の相手をしてくれないか」と言い放った。私は思わず飲んでいたビールを吹き出しそうになった。私の名前は近藤誠也。体力だけは有り余っている、どこにでもいる40代の平凡なサラリーマンだ。この先輩とは...
いつまでも若く

秘密倶楽部~俺の相手はまさかの妻だった

『え?あなた?』聞きなれたその声が耳に届いた瞬間、目の前に立っていたのは、紛れもなく妻だった。冷や汗が背中を伝う。 私の名前は拓海。どこにでもいる普通のサラリーマンだ。子供もこの前ようやく巣立ち、娘にかかる教育費が終わり子育てからやっと解放...
いつまでも若く

妻の友達~リライト版

以前作った作品をリライトしました→ 周囲を包む静寂の中、趣味に没頭し机に向かっていると、突然部屋のドアが開き、真理子が入ってきた。 「釣り、好きなんですね」 トロンとした目をした彼女がゆっくりと近づいてきた。俺は咄嗟に体を引いて離れたが、真...
いつまでも若く

運命の人~出会って5秒で

「大丈夫ですか?」彼女の声は俺の意識を現実に引き戻した。彼女の瞳には不安と優しさが見え隠れしていた。「ええ、ありがとうございます」と咄嗟に俺は言ったが、その目を彼女から離すことができなかった。彼女の瞳に引き込まれ、心臓が跳ね上がるのを感じた...
いつまでも若く

二人の妻~単身赴任中につい

結婚までの道のりは驚くほどスムーズに進み、ついにその日が訪れた。ここに用意されている婚姻届を明日俺が役場に持って行ったら完了だ。 「じゃ、明日よろしくね」と、小夜子は目を輝かせてお願いしてきた。「うん、朝いちばんで出してくるよ」と任せておけ...
いつまでも若く

夫婦交換の極意

「お前、最近どうなん?」と健吾が声を掛けてきた。彼の瞳には、俺が数年間抱えてきた悩みの愚痴を聞いてあげようとする優しさがあった。「こんなのがあるよ」と健吾から見せられたサイトには、予想もしていなかった解決策が映っていた。ここ数年、俺は妻との...
いつまでも若く

嫁の妹~可愛すぎる

「お前、最近どうなん?」と健吾が声を掛けてきた。彼の瞳には、俺が数年間抱えてきた悩みの愚痴を聞いてあげようとする優しさがあった。「こんなのがあるよ」と健吾から見せられたサイトには、予想もしていなかった解決策が映っていた。ここ数年、俺は妻との...
いつまでも若く

血の繋がらない娘

「ただいま、お父さん」と明るい声が家の中に響いた。「おお、お帰り」。娘が今日から実家に戻ってくることになった。名前は真理恵。彼女は再婚した妻の連れ子で、私とは血の繋がりはない。だが、私は妻を愛していたし、真理恵のことも本当の娘として大切に育...
いつまでも若く

妻の不倫~妻の親友と浮気のはずが…

「あなた、ごめんなさい」泣いて謝る妻の直美。その言葉が耳に届いた瞬間、何を言っているのか俺は全く理解できなかった。俺の心に鋭い刃が突き刺さるような感覚に襲われた。が、それと同時に目の前の現実に理解が追いつかず、俺は放心状態になっていた。俺は...
いつまでも若く

義両親~夫を亡くした私に・・・

夫を亡くして2カ月が経ったある日、同居している義両親から信じられない提案があった。「隆二と再婚してくれないか?」と、夫を癌で亡くして間もない私に、なんと夫の弟と再婚して欲しいと言ってきたのだ。私の名前は奈津美。結婚後、私は夫の実家に入り、義...
いつまでも若く

代理夫婦~レンタル妻~

今日は、いつもねちねちと馬鹿にするように絡んでくる取引先の社長との会食に、妻を同伴させていた。「いつも主人がお世話になっております」と麗子が優雅に微笑みながら頭を下げる。「あ、あぁ。こちらこそ和男くんにはお世話になっているよ。それにしても、...
いつまでも若く

私は生贄

「博美、申し訳ないが中川家に嫁いでくれるか?」父が深いため息をつき、私に頭を下げた。その瞬間、私の心は凍りつき、世界が崩れ落ちるような感覚に襲われた。長い沈黙の後、私は小さく息を吸って言葉を紡いだ。「...うん。わかった。もうどうしようもな...
いつまでも若く

スワップ計画

「良いなぁ、菜緒さんの旦那さん」と会社の後輩、真里菜が言う。今日もお昼休みに菜緒の夫のことを褒める真里菜。彼女は会社の後輩で現在35歳の既婚者だ。結婚しているのに自由奔放な性格で、もうアラフォーだというのにすぐに人の彼氏や夫にちょっかいを掛...
いつまでも若く

居候の男~主人がお世話になった人は昔の彼氏だった

私の家に明日から二週間、見知らぬ居候がやってくることになった。彼が引っ越すまでの間、私たちの生活が一変する。夫が世話になった人だというが、私にとっては全く知らない人と二週間も過ごさなければならない。その知らせを受けてから、不安で嫌で嫌で仕方...
いつまでも若く

隣の若妻~うちの息子がすまないね

「うちの息子がすまないね」 私のバカ息子は、こんなにもキレイな若妻を放ったらかして遊び歩いている。亜理紗が泣いている姿を見て、私は心が痛む。 「お義父さん、もう限界なんです」 亜理紗の目には涙が溢れ、声は震えていた。 私の名前は正志。昨年定...
いつまでも若く

支配する夫~助けてくれたのは義兄だった

「正也さん...」私は恐怖で体が震えていたが勇気をもってお義兄さんの胸に飛び込んだ。「大丈夫だ、俺に任せておけ」とお義兄さんは私をぎゅっと強く抱きしめた。(あぁ、ようやく解放される) 「どうしてあの男としゃべってたんだ」夫は顔を真っ赤にしな...
いつまでも若く

スワッピング~完璧すぎる嫁

夜の冷たい風が頬を叩き、心臓が爆発しそうなほど激しく脈打つ。息が切れ、足がもつれそうになりながらも俺は全速力で自宅に向かっていた。ドアを開けると、そこには妻の雅美が立っていた。「ハァハァ、雅美。良かった。ごめん、俺が間違ってた」「これで分か...
いつまでも若く

「有能な秘書」~彼女の代役

「やっと思い出してくれたんですね?」彼女の声が私の心に響いた。まるで封じ込めていた記憶が一気に溢れ出すように。 私の名前は大西陽介。30歳の時に前の会社を独立し、自分で会社を立ち上げた。始めの2年間はなかなか軌道に乗らず、一人で朝から晩まで...
いつまでも若く

「義理の母」~親父と再婚~

「陽介、俺はこの人と再婚するぞ」と、75歳になる親父に突然宣言され、言葉を失った。その瞬間、時間が止まったように感じた。 「は? 何言ってるんだよ。お袋が亡くなったの、去年だぞ。何考えてるんだよ」と、俺は混乱しながらも親父を問い詰めた。しか...
いつまでも若く

「美人ママ」

「まだ気づいてくれないんですか?」ママが私の顔をじっと見つめてくる。いつ見てもきれいな人だ、心臓がどきどきする。「まだわかんないんですか?」彼女は眼鏡をかけ、マスクをつける。「え?」「え〜〜!刈谷さん?」ここまでされてようやく俺は気付いたの...
いつまでも若く

上司の妻~関係改善には夫婦交換

金曜日の夜、居酒屋の喧騒の中で、先輩が突然「俺の嫁の相手をしてくれないか」と言い放った。私は思わず飲んでいたビールを吹き出しそうになった。私の名前は近藤誠也。体力だけは有り余っている、どこにでもいる40代の平凡なサラリーマンだ。この先輩とは...
いつまでも若く

秘密倶楽部~俺の相手はまさかの妻だった

『え?あなた?』聞きなれたその声が耳に届いた瞬間、目の前に立っていたのは、紛れもなく妻だった。冷や汗が背中を伝う。 私の名前は拓海。どこにでもいる普通のサラリーマンだ。子供もこの前ようやく巣立ち、娘にかかる教育費が終わり子育てからやっと解放...
いつまでも若く

妻の友達~リライト版

以前作った作品をリライトしました→ 周囲を包む静寂の中、趣味に没頭し机に向かっていると、突然部屋のドアが開き、真理子が入ってきた。 「釣り、好きなんですね」 トロンとした目をした彼女がゆっくりと近づいてきた。俺は咄嗟に体を引いて離れたが、真...
いつまでも若く

運命の人~出会って5秒で

「大丈夫ですか?」彼女の声は俺の意識を現実に引き戻した。彼女の瞳には不安と優しさが見え隠れしていた。「ええ、ありがとうございます」と咄嗟に俺は言ったが、その目を彼女から離すことができなかった。彼女の瞳に引き込まれ、心臓が跳ね上がるのを感じた...
いつまでも若く

二人の妻~単身赴任中につい

結婚までの道のりは驚くほどスムーズに進み、ついにその日が訪れた。ここに用意されている婚姻届を明日俺が役場に持って行ったら完了だ。 「じゃ、明日よろしくね」と、小夜子は目を輝かせてお願いしてきた。「うん、朝いちばんで出してくるよ」と任せておけ...
いつまでも若く

夫婦交換の極意

「お前、最近どうなん?」と健吾が声を掛けてきた。彼の瞳には、俺が数年間抱えてきた悩みの愚痴を聞いてあげようとする優しさがあった。「こんなのがあるよ」と健吾から見せられたサイトには、予想もしていなかった解決策が映っていた。ここ数年、俺は妻との...
いつまでも若く

嫁の妹~可愛すぎる

「お前、最近どうなん?」と健吾が声を掛けてきた。彼の瞳には、俺が数年間抱えてきた悩みの愚痴を聞いてあげようとする優しさがあった。「こんなのがあるよ」と健吾から見せられたサイトには、予想もしていなかった解決策が映っていた。ここ数年、俺は妻との...
いつまでも若く

血の繋がらない娘

「ただいま、お父さん」と明るい声が家の中に響いた。「おお、お帰り」。娘が今日から実家に戻ってくることになった。名前は真理恵。彼女は再婚した妻の連れ子で、私とは血の繋がりはない。だが、私は妻を愛していたし、真理恵のことも本当の娘として大切に育...
いつまでも若く

妻の不倫~妻の親友と浮気のはずが…

「あなた、ごめんなさい」泣いて謝る妻の直美。その言葉が耳に届いた瞬間、何を言っているのか俺は全く理解できなかった。俺の心に鋭い刃が突き刺さるような感覚に襲われた。が、それと同時に目の前の現実に理解が追いつかず、俺は放心状態になっていた。俺は...
いつまでも若く

義両親~夫を亡くした私に・・・

夫を亡くして2カ月が経ったある日、同居している義両親から信じられない提案があった。「隆二と再婚してくれないか?」と、夫を癌で亡くして間もない私に、なんと夫の弟と再婚して欲しいと言ってきたのだ。私の名前は奈津美。結婚後、私は夫の実家に入り、義...
いつまでも若く

代理夫婦~レンタル妻~

今日は、いつもねちねちと馬鹿にするように絡んでくる取引先の社長との会食に、妻を同伴させていた。「いつも主人がお世話になっております」と麗子が優雅に微笑みながら頭を下げる。「あ、あぁ。こちらこそ和男くんにはお世話になっているよ。それにしても、...
ゆあをフォローする