PR

禁断

その他

代理妻~強制交換~

「や、やめてください」声を震わせ、聖子は必死の訴えを繰り返したが、その言葉は涙にかき消されそうになっていた。しかし高雄は、まるで彼女の恐怖を楽しむかのように、さらに手を強く引いた。「妻の代わりをしてくれるんだろ?」その言葉は、聖子の心に冷た...
禁断

「妻の友達」~隣の部屋で~

周囲を包む静寂が、真理子の声によって突如裂けた。「大丈夫。里香さんは深く眠っていますよ」と、その声は夜空に溶け込むかのように柔らかかった。その声には禁断の誘いが込められており、彼女がゆっくりと俺の胸に寄り添う様子が、夜の空気を一層濃密にした...
年の差

農家の嫁~義父の視線~

義父の視線が、体を凍りつかせる。このまま私は同居を続けることはできるのだろうか。・・・・奈央と高雄は、かつて東京で暮らしていた。しかし、義母の突然の入院がすべてを変えた。静かな田舎町への引っ越しは、二人にとって新たな生活の始まりだった。子ど...
禁断

夫婦交換~親友の妻~

俺の名前は伊藤武史。20年来の親友である伊達守から、夫婦で食事に誘われていた。静かな日常は『今度の旅行で、夫婦を交換しないか?』という唐突な提案によって、波乱の展開へと突入した。その夜、自宅のリビングで妻と向き合った武史は、慎重に言葉を選ん...
禁断

同じ顔を持つ男

静寂に包まれたリビングで、みなみはソファに沈み込みながら「今日もまた一人か…」と孤独を噛みしめていた。だが、用意した夕食を食べようとした時、「ただいま」と和也が帰宅してきた。和也は家に入るなり、みなみを力強く抱きしめた。「どうしたの?」と問...
禁断

義理の兄

夜更けの静寂が、恵美子の心を冷たく包み込む。家全体が彼女の孤独を映し出しているようだった。リビングのソファに深く沈んだ彼女は、その日一日の疲れを感じていた。外の世界と隔絶されたこの静けさの中、恵美子は自分だけが知る孤独と戦っていた。そんな時...
禁断

従姉弟

30年前のあの日、俺はいとこの礼子とキスをした。 祖父の葬儀の静かな喧騒の中、ひときわ輝く礼子の姿に目が留まった。30年ぶりに再会した彼女は、悲しみの中にも変わらぬ明るさを湛えており、時を経ても変わらぬ彼女の存在感に、心が熱くなった。30年...
禁断

冷たい夜風が、俺の心をざわつかせていた。その日、俺と妹の間には、いつも以上の緊張が漂っていた。「か、勝手に見ないでよ!」彼女の声には、慌てふためきと戸惑いが混ざり合ったものだった。俺が彼女のスマホを勝手に見たことに、彼女は顔を真っ赤にして怒...
禁断

同僚の妻

信二は、今までにない状況に直面していた。同僚のあきらの妻、さくらを、深夜に介抱しているという事態だ。お椀に移し変えたうどんを冷ましてから、細かく刻んで、彼女の口元へと運んでいた。単なる介抱のはずが、さくらの艶めいた唇に目を奪われ、心臓が雷の...
禁断

彼女の姉

敦は、心臓が口から飛び出そうなほど緊張を感じながら、車をみさきの実家へ向けて走らせていた。この結婚の挨拶は彼にとって人生の新たな章の始まりだった。希望と不安が胸を満たし、彼の鼓動は戦いの前夜の太鼓のように鳴り響いていた。しかしまさかこの日が...
禁断

息子の嫁

源二は妻を亡くしてから、ひとりの時間を長く過ごしてきた。その静けさは、息子が家庭を持つまで続いた。息子が源二を心配し同居を提案してくれたのだ。家に連れてきたのは、常に笑顔を絶やさないありさだった。彼女との同居は、源二の穏やかな生活に小さな波...
禁断

義理の母

秋が深まり、町の片隅では落ち葉が舗道を覆い、冷たい風が吹き抜けていた。その中で達男は、なみへの感情に身を任せている自分に戸惑いを感じつつも、それを受け入れ始めていた。母であり、かつ一人の女性としての二重の顔を持つなみに対する彼の感情は、日常...
禁断

叔母

達也はその夕暮れも、悦子さんの家へ向かっていた。彼女の家で過ごす夕食の時間は、達也にとって日々の潤いであり、心の支えだった。小さい頃から悦子さんは、達也にとって憧れの女性であり、姉のような存在だった。彼女の料理は、彼の好みを反映しており、そ...
禁断

私の甥

悦子はその夕暮れも、達也のために夕食を準備していた。彼女の料理は、手間ひまかけた愛情の表れ。今夜は達也の好きな煮魚と季節の野菜を使った一品を中心に、彼女の心を込めたメニューがテーブルを飾った。悦子はこの時間を特別に思っており、彼女にとって達...
年の差

義父との旋律

淡い光が窓から差し込む小さな和室で、静かに三味線の音が響く。直子は、その柔らかな音色に心を委ねながら、義父・健三の指導の下、一心不乱に弾き続ける。彼女にとって、この時間だけが現実からの逃避であり、唯一の慰めだった。外では夫が夜通し遊び歩く中...
禁断

隣の義弟

なみは長年、隣に住む純一とその娘、そして自分の娘との間で、深い絆を育んできた。純一はなみの夫の弟であり、その娘たちは従姉妹同士。妻を早くに亡くした純一は、苦労を一身に背負っていた。なみはそんな純一の支えとなり、彼とその娘の日常にさりげなく寄...
禁断

新しい扉

由美子は、古びた喫茶店の窓際に座り、遠く海を眺めていた。心の中では、誠との再会に向けて、深い葛藤と不安が渦巻いていた。彼女自身も、家族としての愛を超えた感情を誠に対して抱いており、その事実に苦しんでいた。彼女は、社会の規範と自らの道徳心に照...