PR

背徳

背徳

団地妻~見られている~

昼下がり、向かいの団地に一際目を引く女性が住んでいる。おそらく三十代後半だろうと思われるが、彼女のことはまだほとんど何も知らない。向かいの団地の部屋から、たびたび彼女の姿が見える。彼女は俺が見ていることに気づいているはず、いや、確実に目が合...
純愛

憧れの女~未亡人となった~

「こんなおばさんの未亡人で良いの?もう意気地なしじゃないのね。」ゆかりのその声にはかすかな震えがあった。だが彼女の表情は確実に、子供の頃の悪戯っぽい笑顔を取り戻していた。俺は安堵し、ただ静かにゆかりを抱きしめた。・・・・兄貴がこの世を去って...
背徳

『洗濯屋』~配達先で~

「こんなおばさんの未亡人で良いの?もう意気地なしじゃないのね。」ゆかりのその声にはかすかな震えがあった。だが彼女の表情は確実に、子供の頃の悪戯っぽい笑顔を取り戻していた。俺は安堵し、ただ静かにゆかりを抱きしめた。・・・・兄貴がこの世を去って...
背徳

ヘルパーの女~隣に妻がいるのに~

平穏なはずの老後が一瞬にして奪われた。不注意で起きた事故のせいで動かなくなってしまった俺の体。しかし、彼女の手が触れるだけで、不本意ながらも毎回俺は下腹部が熱くなる。こんな感情に戸惑いつつも、今回の介護は何度目なのだろうか。恥ずかしさでいっ...
年の差

妻の母~目を盗んで~

俺は深い苦悩に陥っていた。俺は義母と体の関係になってしまった。・・・・彼女はもうすぐ60歳になるが、その外見は驚くほど若々しく、しばしば和弘よりも若く見られた。俺と妻は12歳離れているが、貴子ともまた同じく12歳の差がある。遺伝子的に若く見...
禁断

「妻の友達」~隣の部屋で~

周囲を包む静寂が、真理子の声によって突如裂けた。「大丈夫。里香さんは深く眠っていますよ」と、その声は夜空に溶け込むかのように柔らかかった。その声には禁断の誘いが込められており、彼女がゆっくりと俺の胸に寄り添う様子が、夜の空気を一層濃密にした...
その他

看護師の衝動~特別な対応~

「気持ち良いですか?」彼女の声が、耳元で優しく響き、その声には不意に心が動揺した。彼女は俺の全身をタオルで隅々まで丁寧に拭いてくれていた。武彦はこの質問がどちらの意味であるのか理解できなかった。俺は小さな会社を経営している。自分で言うのもな...
年の差

農家の嫁~義父の視線~

義父の視線が、体を凍りつかせる。このまま私は同居を続けることはできるのだろうか。・・・・奈央と高雄は、かつて東京で暮らしていた。しかし、義母の突然の入院がすべてを変えた。静かな田舎町への引っ越しは、二人にとって新たな生活の始まりだった。子ど...
禁断

夫婦交換~親友の妻~

俺の名前は伊藤武史。20年来の親友である伊達守から、夫婦で食事に誘われていた。静かな日常は『今度の旅行で、夫婦を交換しないか?』という唐突な提案によって、波乱の展開へと突入した。その夜、自宅のリビングで妻と向き合った武史は、慎重に言葉を選ん...
背徳

万引き犯~許して下さい~

「何でもします。許して下さい」彼女はこう言った。「ふーん、何でもねぇ。何でもって意味わかってますか?」重昭はその女性をじっと見つめながら、彼女の肩にそっと手を置いた。 重昭がスーパーの店長として働き始めて早十年。その店は地元で評判が良く、多...
背徳

店長とパート~朝の秘密の時間~

薄暗い朝焼けの中、雄太は思わず博美を強く抱きしめた。彼女の温かい体温が、彼の心を一瞬で溶かしていく。「だ、だめですよ」と彼女は囁いた。最初の抵抗には力が入っていたものの、博美の身体は徐々に力が緩み、彼女は最終的に身を委ねて、雄太の背中に手を...
禁断

同じ顔を持つ男

静寂に包まれたリビングで、みなみはソファに沈み込みながら「今日もまた一人か…」と孤独を噛みしめていた。だが、用意した夕食を食べようとした時、「ただいま」と和也が帰宅してきた。和也は家に入るなり、みなみを力強く抱きしめた。「どうしたの?」と問...
禁断

義理の兄

夜更けの静寂が、恵美子の心を冷たく包み込む。家全体が彼女の孤独を映し出しているようだった。リビングのソファに深く沈んだ彼女は、その日一日の疲れを感じていた。外の世界と隔絶されたこの静けさの中、恵美子は自分だけが知る孤独と戦っていた。そんな時...
背徳

抗えない人妻

営業終了後の静けさが店内を優しく包み込んでいたある晩、隆二と貴子にとって予期せぬ出来事が起こり、二人の関係に大きな変化が訪れた。高い棚から荷物を取ろうとしてバランスを崩した貴子を、隆二が素早く後ろから抱き支える。彼女の体を支えながら、「大丈...
背徳

隣の人妻

静謐な夏の午後、雄一は庭の手入れをしていた。彼にとって、普段の仕事から離れ、手に土をつけるこの瞬間は、珍しく地に足がついた実感と達成感を与えてくれる貴重な時間だった。そんなとき、石鹸のさわやかな香りが彼の心の静けさを優しく揺さぶった。振り返...
禁断

従姉弟

30年前のあの日、俺はいとこの礼子とキスをした。 祖父の葬儀の静かな喧騒の中、ひときわ輝く礼子の姿に目が留まった。30年ぶりに再会した彼女は、悲しみの中にも変わらぬ明るさを湛えており、時を経ても変わらぬ彼女の存在感に、心が熱くなった。30年...
禁断

冷たい夜風が、俺の心をざわつかせていた。その日、俺と妹の間には、いつも以上の緊張が漂っていた。「か、勝手に見ないでよ!」彼女の声には、慌てふためきと戸惑いが混ざり合ったものだった。俺が彼女のスマホを勝手に見たことに、彼女は顔を真っ赤にして怒...
禁断

同僚の妻

信二は、今までにない状況に直面していた。同僚のあきらの妻、さくらを、深夜に介抱しているという事態だ。お椀に移し変えたうどんを冷ましてから、細かく刻んで、彼女の口元へと運んでいた。単なる介抱のはずが、さくらの艶めいた唇に目を奪われ、心臓が雷の...
禁断

彼女の姉

敦は、心臓が口から飛び出そうなほど緊張を感じながら、車をみさきの実家へ向けて走らせていた。この結婚の挨拶は彼にとって人生の新たな章の始まりだった。希望と不安が胸を満たし、彼の鼓動は戦いの前夜の太鼓のように鳴り響いていた。しかしまさかこの日が...
禁断

息子の嫁

源二は妻を亡くしてから、ひとりの時間を長く過ごしてきた。その静けさは、息子が家庭を持つまで続いた。息子が源二を心配し同居を提案してくれたのだ。家に連れてきたのは、常に笑顔を絶やさないありさだった。彼女との同居は、源二の穏やかな生活に小さな波...