PR

純愛

純愛

家政婦~妻の入れ替え~

夜の静寂が部屋を包み込む中、窓の外では木々が風に揺れ、かすかな葉擦れの音が響いていた。「瑠衣さん、大変な思いをさせるかもしれない。だけど俺に着いてきてくれるかい?」と俺は問いかけた。彼女は潤んだ瞳でゆっくりと頷いた。今、目の前にいる女性は妻...
純愛

憧れの女~未亡人となった~

「こんなおばさんの未亡人で良いの?もう意気地なしじゃないのね。」ゆかりのその声にはかすかな震えがあった。だが彼女の表情は確実に、子供の頃の悪戯っぽい笑顔を取り戻していた。俺は安堵し、ただ静かにゆかりを抱きしめた。・・・・兄貴がこの世を去って...
純愛

運命の秘湯~危機脱出~

吹雪に翻弄された登山道。視界は白一色に染まり、凍てつく風が肌を刺し、手足は既に感覚を失っていた。一切の希望が遮断されかけていたその時、久美子の決意した声が届いた。「先輩!一緒に入りましょう。」天然の温泉を見つけた彼女の声は絶望の中での唯一の...
禁断

同じ顔を持つ男

静寂に包まれたリビングで、みなみはソファに沈み込みながら「今日もまた一人か…」と孤独を噛みしめていた。だが、用意した夕食を食べようとした時、「ただいま」と和也が帰宅してきた。和也は家に入るなり、みなみを力強く抱きしめた。「どうしたの?」と問...
年の差

保母さん~俺に向けられる笑顔~

俺の名前は宇津美哲也。かつての妻は男を作って俺の元から去った。後から考えるとサインはたくさん出ていた。共働きなのに、妻の気持ちに寄り添わず家事も育児も任せっきり。そんな状況が他の人に助けを求める環境を作ってしまっていたのだろう。そのまま離婚...
その他

元妻~昭和の喫茶店~

昭和の香りが色濃く残るレトロな喫茶店の扉を押し開けた瞬間、正雄は一瞬、時間が逆行したかのような錯覚に陥った。店内に広がる昭和の空気、壁一面の写真やポスターに、正雄は懐かしさを感じた。照明の温かな光は時間を忘れさせ、レコードから流れる懐かしの...
その他

女医の秘密

譲二は病院の総務課で働いていた。彼は仕事に対する誇りと責任感を深く持っており、常に丁寧に仕事をこなそうと心掛けていた。しかし、彼の物覚えの悪さが時に同僚からの冷ややかな視線を招くこともあった。特に、効率を重んじる若手職員からは、彼のペースは...
純愛

未亡人

春の風が年季を重ねたアパートの壁を撫でながら、新緑の息吹を届けていた。退職後の穏やかな余生をここで過ごすことになると、彼自身も思い描いていなかったが、絵理との出会いが彼の日常に新たな彩りを加えた。アパート管理という名の仕事を通して、人との絆...
禁断

叔母

達也はその夕暮れも、悦子さんの家へ向かっていた。彼女の家で過ごす夕食の時間は、達也にとって日々の潤いであり、心の支えだった。小さい頃から悦子さんは、達也にとって憧れの女性であり、姉のような存在だった。彼女の料理は、彼の好みを反映しており、そ...
禁断

私の甥

悦子はその夕暮れも、達也のために夕食を準備していた。彼女の料理は、手間ひまかけた愛情の表れ。今夜は達也の好きな煮魚と季節の野菜を使った一品を中心に、彼女の心を込めたメニューがテーブルを飾った。悦子はこの時間を特別に思っており、彼女にとって達...
純愛

「認知症の妻」

妻、洋子は50歳の頃から物忘れがはげしくなり始めた。夫の進は当初、彼女の物忘れを単なる老化現象としか考えていなかった。この誤解が原因で、二人の間にはしばしば小さな衝突が生じた。しかし、洋子の状態が日に日に悪化し、最終的に病院で若年性認知症と...
純愛

感謝

その朝、浩一はいつものように車を運転しながら、ラジオからのDJの陽気な声が、ふと浩一の意識を引きつけた「今日は3月9日、サンキューの日ですね」という言葉に、「サンキューの日か」とつぶやいた。彼にとっては、まだ何も始まっていないただの一日の始...
復讐

漁師の嫁

麗子の視線は遥か彼方、荒れ狂う海原へと注がれていた。台風が去った一時的な静けさは、新たに接近する低気圧の前に急速に消え去りつつあった。晴れ渡る空が一瞬にして暗雲に覆われ、風が木々を激しく揺さぶり始め、海は再び荒れ狂い、波は岸壁を乱暴に打ち付...
年の差

娘の友人

哲也の生活は、娘の友人であるかんなとの予期せぬ再会によって、静かながらも確実に変化の波を迎えていた。かつて、その無邪気な笑顔で家を明るく照らした少女は、高校卒業後は訪れることもなく、記憶の中でも徐々に色褪せていった。しかし、ある日の偶然がす...
純愛

裏切り妻

泰子と浩司の結婚生活は、外から見れば穏やかな湖のように静かで安定しているように見えた。しかし、湖の表面下では、泰子の心は絶えず波打っていた。長年にわたり、浩司は仕事を生きがいとし、家庭よりも職場を優先した。その結果、泰子は自分の感情を抑え込...
純愛

悲劇の時間

数十年前のこと、美代子と拓郎にとって、それは忘れられない予定のはずだった。拓郎の海外赴任を前に、ディズニーランドでの最後のデートを楽しみにしていた。それは、二人にとって特別な瞬間、お互いへの愛を確かめ合う大切な時間になるはずだった。しかし、...
純愛

誤解の味

真理子は、自らが運営する料理教室で、愛情を込めて生徒たちに料理の技術を伝授していた。その中でも、徹は彼女の注目を一身に集める存在であった。60代に入ったばかりの徹は、その人懐っこい性格と時おり見せる子供のような無邪気さで、教室全体の雰囲気を...
純愛

「故郷の記憶」

60代に入ったばかりの美佐子は、久しぶりに故郷の土を踏んだ。都会の喧騒を離れ、静かな町の空気が彼女の心を穏やかに包み込む。この帰郷は、人生の新たな章を始めるための第一歩だった。しかし、その胸の奥には、高校時代の初恋、茂への淡い記憶が静かに燻...
年の差

運命の教壇

抑えられない感情の渦が、友和と百恵の間に静かに流れ込んできた。秋の終わりを告げるかのように、木々は淡く色づき、風は少しずつ冷たさを増していた。町の小さな公園にあるベンチに腰掛ける百恵は、隣に座る旧友、友和との再会に心を躍らせていた。彼らの関...
純愛

心の旅路

抑えられない感情の渦が、友和と百恵の間に静かに流れ込んできた。秋の終わりを告げるかのように、木々は淡く色づき、風は少しずつ冷たさを増していた。町の小さな公園にあるベンチに腰掛ける百恵は、隣に座る旧友、友和との再会に心を躍らせていた。彼らの関...